白米も玄米もどちらもおいしいでしょう

2023/10/17

気になる人 食生活 日常

t f B! P L

 先週金曜日の買い物

ライフで1つ158円だった美味しそうな柿が128円になっていたので2つカゴに入れた。

イオン系のスーパーで98円だった柿と約60円差の時はちょっと・・・だったけど、30円の差でこれだけ大きいのなら納得できる(笑)

特に買いたい物もなく、ただ冷蔵庫が空になるのが不安でなんとなく立ち寄っている。

だから品数もなく、カゴの中が寂しい。。。

でもこれで約1900円の買い物だった。何が高いんだろう?

スーパーだけでなくドラッグストアでも少し買っているのでこれだけではないんだけどね。

先週土曜日の朝食

雑炊。去年ふるさと納税でもらった塩引きを焼いてほぐしたもの、えのき、油揚げ、卵が入ってる。

仕上げに茹でた青大豆(秘伝豆)をパラパラ。

味付けは味噌、カットトマト(缶)、シャンタン、質素だけど見た目より美味しいよ(笑)

寒くなってきたのでご飯や温かい汁物が食べたくなる。

ここ二年くらい玄米を食べている。

で、玄米で思い出すのはBライフの先駆者寝太郎さんだ。

小屋暮らしでご飯を炊くのを失敗したら、躊躇せず全部捨てると書いてあった。なぜかその個所が記憶に残ってる。

ずっと読んでいた寝太郎さんのブログがいつの頃からか鍵つきになり今は読めなくなってしまった。

本を出したから?何か理由があるんだろうけど、すごく残念だ。

寝太郎さんのブログの文章は改行がほとんどなくビッチリで、ただそれだけを目にすると、

読む気力が無くなるのだが、

一ヶ所でもひっかかる所を読むと読んでしまう。

そうすると行動する前に「なぜ?」とか考えず、感情や感覚、直感で行動してしまう私には、なぜそう考えたのか、そう行動したのか、分析したりそれを誰かに言葉で伝えるのはすごく難しい。

でも寝太郎さんの文章を読むと、あ、そういうことかとスッと頭に入ってくる。

寝太郎さんは哲学者だ。けど、小難しい学問のようなそれではないから読んでいて面白い。

改行のない文章ばかりではなくすごくユーモアもある。

例えば、俳句のような一句、

『白米とかけて、玄米とときます。

そのこころは。

どちらもおいしいでしょう』とか。

寝太郎さんのブログを知らない人には何のことだか、、、、だよね。

でも、哲学的な話の一方この緩急あるところが魅力的なんですよ。

寝太郎さんのブログが見られなくなったことがほんと惜しい。


このブログを検索

ブログ アーカイブ

QooQ