あれこれ考えると不安でいっぱいになる

2022/05/30

日常

t f B! P L

足の痛みが良くならず、今朝は痛み止めを飲んで出勤。

電車は最寄り駅からは座れない。これは仕方がないのだが、たいていつり革に手が届かず、非常に困る。届かないことはないのだが、肩と腕が痛いため伸ばそうにも届かない。。。届いても痛くてずっと掴んではいられない。


足が痛くて不安定だからこそつり革につかまって、電車が揺れても体が倒れて周囲の人に迷惑をかけないよう安定させたいんだけど、つり革の位置が高い所しか空いてないのと、ちょうどつり革の無い場所に立たされてしまうので、ホント困る。

吊り革の数を増やすとか何とかならないものだろうか?


大半の人は手すりやつり革につかまらず、スマホを見てるから電車が揺れた時に体がこっちに倒れかかったり、足を踏まれたりするんだよね。

これは腹が立つ。私のように不安定でドキドキしながら乗ってる人もいるんだよ、というか自分の体はちゃんと自分で支えてからスマホを見て!



毎日焦りでいっぱい。一日が通勤だけで終わってしまう。自由が効く自宅に居てもちゃんとやれることはほとんど無い。

立ってるのも10分くらいが限界だし、屈んだりしゃがんだりが出来ないから床を拭いたりすることもきちんと出来ない。椅子もお尻が痛くて長時間は座ってられないし、寝転がれば肩が痛くて熟睡出来ず、本すら読む集中力が無い。


それでも少しずつでもやろうとはしているけど、3ヶ月以上も経つと気力も失せてきている。


足が痛いのがどう辛いのか他人には伝わりずらいと思うけど、


今だに布団から自力では立ち上がれないし、マットレスに転がる時も、位置についてよ~いどん、の逆モーションのような動作をゆっくり慎重にやらないと横になることすら出来ない。

ひとつ動作をするたびに痛みが出ないか不安になるから躊躇してしまう時間が長くて、「立ち上がる」「横になる」の動作にかなりの時間がかかってしまう。


だけど、痛い痛いと言いながら、食欲はあってヤマザキのまるごとバナナは、うま~いとか食べてるくせに、一日の大半をゴロゴロと過ごしているわけだし、それがいつまで続くかもわからないんだから、一緒にいたら嫌になると思うよ。

連休で実家に帰省中は親だからそれでも心配してくれたけどね。


だからひとりで良かったと思ってる。


一緒に居て落ち込んでいる私を励ましてくれたり、痛い肩を撫でてくれる人がいればそりゃうれしい!でもそんなことはそうそう続けられるものじゃないと思う。


こんな足になっても、幸いにもデスクワークだし、駅から近いし、電車もほぼ座れるし、エレベーターやエスカレーターも充実してるし、早退も自由に出来るからなんとか通勤が出来ている。ひとつでも欠けていたらもう仕事は辞めなきゃいけなかったと思う。


職場でも今まではルーティンのような仕事だからなんとかこなせているけど、新しいことを任せられたら集中してやれるかどうか自信がない。コロナの影響で外部との打ち合わせもオンラインとかだから外出はほとんど無いのは良しとしても、今後も続けられるかどうかわからない。


☆訪問ありがとうございます。 応援クリック頂けるとうれしいです☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

このブログを検索

ブログ アーカイブ

QooQ