困り果てて病院を変えてみたが

2022/06/24

日常

t f B! P L

この左膝の痛みをなんとか軽減したい

ステロイド注射をしてから一週間経ったが、膝の痛みは相変わらずで歩くのが辛い。膝がこうなる前の痛み、状況よりは間違いなく悪い。

ステロイド注射が効かなかったとは言っても、少しは効いてるはずだから、その間に膝がわずかでも回復してくれれば良いが、効果が切れてもっと痛みが増したら、、、、と考えただけで恐怖だ。

私から「ステロイド注射をして欲しい」と医師にお願いしたのに、ほとんど効果がなく、これ以上何か出来るのだろうか?

「これでも痛かったらまたおいで」とか言ってくれたのなら行けるけど。。。。

ステロイド注射は劇薬のようなもので頻繁には打てない。

やっぱり病院を変えるべきなのか、、、でもどこへ行けばいいのか判断できない。でもこのままでは何も変わらない。とりあえず先週行こうと思っていた近所のクリニックへ行ってみることにした。


短い診察時間で医師に症状を伝えるためにメモを用意した

病院を変えようと決めたのが水曜日で、翌日木曜日に早退してその病院へ行った。

目的は膝の痛みの軽減だけど、この4ヶ月間股関節が痛いことやステロイド注射を打ってもらったこと等、どう考えたって初めて診察を受けるのに短時間で伝えられるとは思えなかったので、現状や経緯、思い当る原因等をメモに書いて用意した。

医師によっては不快に感じる可能性もあるけど、こうでもしなければ受け身で答えるだけではお互い時間のムダだとも思ったからだ。


◆三方向からのレントゲン撮影

開業医だけどリハビリ施設も併設してるので診療所+ジムみたいな雰囲気で、広々としていて設備は新しく清潔できれいな病院だった。

問診票を書き、レントゲン撮影となり、技師から膝が痛くなった経緯を聞かれ話した時「たぶん半月板損傷だと思うんですよ」と言われギョッとした。

マジで!?

膝のことはネットで検索しまくっているから、半月板損傷となれば手術は必須なのは知っていたからだ。

膝の正面、横、真上と三方向からレントゲンを撮った。


自分で見てもきれいな骨だった

レントゲン撮影後しばらくして診察室に案内され、診察台に寝かされて医師を待つことになった。

もうネットで医師の顔は見ている、やさしい人柄らしい。

ふと横にあるモニターを見ると膝の画像が表示されていて、骨の間に隙間がありきれいな膝だなあと思ったら、私のレントゲン写真だった!

3、4年前あのクリニックでレントゲンを撮った際「思ったよりきれいだ」と言われた時と変わっていないみたいで良かったと思った。

そして医師登場!

診察台で足の関節、膝のチェックを受けるもほとんど痛みはなく、医師の戸惑いが見てとれた。

そして椅子に座って向かい合い診察となった時、勇気を振り絞ってメモを渡した。

拒否こそされなかったけど、ちゃんと目を通すということもなく問診が始まり、レントゲンの説明となった。

やはり膝の骨はきれいで、軟骨もなめらかで何も問題はなく、ただ骨の端の上下ににほんのちょっと小さなトゲがあり(加齢)、これを「変形性股関節症」と言えばそうとも言えるけど原因ではないと言われた。

半月板もきれいで膝の正しい位置にしっかり納まっていて何も問題がないとも言われた。(実は膝がボキっとすることがあったので心配だった)

画像はデジタル3Dみたいな感じで、いわゆるレントゲン写真、ネガフィルムみたいなのとは全然違って、いろんな角度から見せてくれた。


結局は診断がつかなかった

骨にも半月板にも何ら問題はなく、じゃあ原因は何なのか?

医師は私があのクリニックに通院していてステロイド注射を打っても効かなかったことに対して「セカンドオピニオンが欲しいんですか?」と聞いてきたので、

そんな小難しい意味じゃなくこの膝の痛みをどうにか軽減したいんです、と答えた(答えになっていなかったかも)

同業者同士、否定や批判と捉えらえられるような言動には敏感になるんだろうね。

レントゲン撮影では原因がわからず、医師は困惑、しかし何かしら答えねばならないと思ったのか

「これはひとつの可能性ですが(あれかもしれない、これかもしれないと想定したことを消去していくと)坐骨神経痛?」と呟いたので、あのクリニックの医師の最初の診断とまったく同じ答えとなった。

ふ「坐骨神経痛ってビリビリっとした痛みじゃないんですか?」

医「そういう痛みだけじゃないです」

ふ「じゃあどうしたら坐骨神経痛ってわかるんですか?」

医「MRIを撮ればわかります!」

(やっぱりそうきたか・・・・)

医「撮ってみますか?」

ビビリな私は即答できず、とりあえずはこの膝の痛みをなんとか軽減して欲しいと言ったら

効果があるかどうかわからないが神経に効く痛み止めを飲んでみますか?と言われたので、それを処方してもらった。

ロキソニンと併用して飲んで問題無いと言われた


いずれはMRIを撮らなければいけない

近所のクリニックとは言っても、微妙な立地で最寄り駅から350mほどあり、この足では非常に辛い距離だったが(行きはタクシーを使った)歩くしかなく死ぬ思いで帰宅した。

もう足が痛くてシャワーを浴び簡単な食事を済ませ、薬を飲んですぐにマットレスに転がった。

そして今朝、その350mの移動がたたったのか、前日より足が痛かった。

それまでは左足を地面に置く時に痛くない角度、タイミングを見つけてなんとか歩いていたけど、もうどうやってもその痛みは避けられずで辛かった。

通勤時以外、大人しくしているのにまったく良くなる気配がない。焦って横断歩道を渡って膝を痛めてから3週間も経っているのに、だ。

仮にいつかこの膝の痛みがとれたとして、股関節の痛みも治まったとして、またそうなる可能性は否定できない。

もうこんないつ終わるかもわからない痛みを経験するのは二度と御免だ。

だったらちゃんと調べるしかないよね、いずれはMRI撮ってみなきゃいけないと思った。


☆訪問ありがとうございます。 応援クリック頂けるとうれしいです☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

このブログを検索

ブログ アーカイブ

QooQ