東京に戻ったあと次々届けられる野菜とコロナでピリピリモードだった田舎

2022/07/29

田舎のこと 日常

t f B! P L

今日は早退して膝にヒアルロン酸注射をしてきた。注射直後はそう変わらない。。。


明日以降少しでも変化があればいいな。



私が帰省中、母は近所の茶飲みグループに、万一コロナに感染するといけないのでその間遠慮してもらうよう伝えていた。


で、この間、近所からの野菜のおこぼれがピタリと途絶えた(笑)


みずみずしいスイカはそれでも茶飲みに来たかったメンバーの一人が他の野菜と共に持ってきてくれたものだった。


私が東京に戻るや否や近所から怒涛のように野菜が届けられたようだ。


昨日はゴーヤやらカボチャ、ししとう、オクラ、写ってないけど夕顔も一本あったらしい。

焦って自分の足を写した母(笑)


この近所の人は、じゃがいもも後で持ってくると言ってくれたそうだ。


そして今朝もらった野菜、この他にじゃがいも10kgもあったらしい。

青々ツヤツヤピーマンと私の大好きなトマト、きゅうり、黒っぽいのはナスかな?。。。これが居る時に貰えたら良かったのに(勝手な希望)


自由に買い物に行けない母にとっては、新鮮な野菜はすごく助かるし、ありがたい。


じゃがいもが大量に届いたのは、雨が降り続くのを見越して(腐ってしまうので)全部掘ったからじゃないかと母が言っていた。


野菜を育てるって予想より手間もお金もかかるし、経験も必要で、ちゃんとしたもの採るってすごく大変なこと。土に種をまきさえすれば育つ、みたいな簡単なことじゃない。



帰省当時田舎はコロナ感染者増でピリピリしていた。


感染者500人を多いか少ないと見るかはそれぞれだけど、そんなに驚くこと?とは思う。


感染力は弱いからとか軽視してるわけじゃないし、増えて構わないとか思ってるわけじゃない。


でも行動制限されてない中では増えていくのは当然、これから夏休みが本格的になればもっと増えるかもしれない。


私が嫌だと思うのは、東京の人=コロナ、みたいに思い込む風潮が田舎にはまだあることだ。


増加しても行動制限はして欲しくないな。


父の葬儀に参列できなかったような、ああいう村八分みたいなことは起きてほしくないからだ。


感染しても症状は軽いかもしれないけど、後遺症とかあるみたいだし、感染しないように注意して行動するしかない。


今回7月に帰省したのでお盆には帰らないけど、ああいう田舎のピリピリした状況を見ていると8月に帰省しなくて良かったのかも、と思っている。


マスコミも今日は感染者がどの地区で何人と連呼することよりも、感染によってこういう後遺症がある、軽視してはいけないということを強調して欲しい。

 

☆訪問ありがとうございます。 応援クリック頂けるとうれしいです☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

このブログを検索

ブログ アーカイブ

QooQ