足のリハビリ再開

2023/01/12

日常

t f B! P L

先週土曜日に整形外科へ行き診察を受け、リハビリ再開となった。


当日ちょうどリハビリの枠が1単位(20分間)の空きがあったのですぐ受けることにした。


この場合、これまでずっと担当してくれたMさんではなく、その空いてる理学療法士となり男性だった。


もう男性とか女性とか気にしてる場合じゃないくらい足が痛い。


歩くと、膝、足の付け根(鼠径部)、脛の3ヶ所が同時に痛いし、痛くて足ががくっと抜けることも度々だ。


この半年の中で一番痛いし、一歩踏み出す度に痛くて泣きそうになる。


足の付け根と脛が痛いのは、たぶん筋肉がつかないためそこに負担がかかってるためと思われる。


年末年始は実家でほとんど動かずにいたし、年明け5日、6日の2日間通勤しただけでこんなに痛いなんて。。。


どうしていいかわからない。


施術中はがんばろうという気持ちもあり、いつもより足も上げられたりしたけど、足が痛いのは少しも解消されなかった。


先が見えず本当に困った。


このまま良くなる兆しがなければ、足が痛くなったのは去年の2月だから、もう一年間もそのままだといいうことになる。


あ~、どうしたらいいんだろう。。。。。。



リハビリを行う場所は広いスペースに施術台(ベッド)が十数台並んでいて、カーテンなどなくオープンでやっているので全部見える。


私がMさんの施術を受けていた時は、その男性の理学療法士(Kさん)は隣の隣のベッドでやっていた人だった。


施術を受けてる間は他の人を見る余裕なんてないんだけど、何度かチラリと見えた時に道具を使っていた(Mさんはまったく使わなかった)


私の時はバランスボールを使って足を上げる時のコツを指導してもらった。


言い方は良くないけど、Mさんは施術時間のほとんどを私の足を押したり引っ張ったり曲げたりと全力だったけど、


道具を使い患者にその動きをしてもらえば少し休めるよね。


それが悪いとかいう意味じゃないよ。KさんはMさんより慣れてるんだろうと思う。


Kさんはほっそりとした体形なのに男性だからか押すにしても指の力が断然強し、曲げにしても徐々にではなく一度でトップに来る感じ。

Mさんの押し方が弱いということではなく、丁寧だった(絶対痛いところまで曲げ伸ばしなどしない)、やさしくて女性らしかったなと思う。


一度Kさんに施術してもらうと、自動的に次の予約を決めるようになるので、私が断らない限りMさんには戻れなくなるな。


Kさんがダメと言うわけじゃない。


ただMさんに悪いな、どう思われるだろうという気持ちがある。


が、私が想像するよりはそこは何とも思っていないのかもしれない。


こうなったら都度予約を電話で入れてランダムにしようか、とも思う。


いろんな人に当たったほうが、私に合うというか、何かきっかけになることがあるかもしれない。 

☆訪問ありがとうございます。 応援クリック頂けるとうれしいです☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

このブログを検索

ブログ アーカイブ

QooQ