いざ自分の親となると聞けない

2023/01/07

今後のこと 両親のこと

t f B! P L

 実家から自家製の干し柿をもらってきた。


30個弱くらいあるかな。


見た目よりは柔らかく甘くて美味しい。


干し柿は柿の皮を剥くことより、縄目にねじこめるように枝の軸をT字に切るのが手間だ。

(このT字の軸のついた柿をウチの田舎では「鍵つき」と呼ぶ)


親戚からもらったこの柿はすでに「鍵付き」の状態だったので、皮を剥くだけですぐに干せて簡単だったと母が言っていた。


干し柿って買うと高いよね。梅干しと同じく、田舎にいた頃は普通に日常的に口にしていたものが、都会ではかなり高価で驚く食べ物のひとつだ。



帰省前は母にあれこれ聞いておこうと思っていたことがある。


高齢だからいつどうなるかわからない。


そうなる前に聞いておこうと思った。


たとえば「着物」とか。


母は昔の人だから嫁入り前に持参した着物がたくさんある。


私の着物にしても成人式で着たものとか、嫁に行く前提で仕立ててもらった着物もかなりありそうだ。



仕立てた当時は高価な物だった。


母にとっては思い入れのある物だと思う。


それらをどうするのか、、、、聞いておこうと思ったが、いざ自分の親となると何ひとつ聞けなかった。


そうなった時それらを目の前にしてしまったら辛くなるだろうけど、


たぶん、処分するしかないんだろうな。

☆訪問ありがとうございます。 応援クリック頂けるとうれしいです☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

このブログを検索

ブログ アーカイブ

QooQ