やってることが正しいのか悪化させてるのかわからない

2023/08/29

健康 食生活 日常

t f B! P L

先週土曜日の買い物、いつもとほぼ同じ。

かぼちゃとトマト、豆腐でそれなりに重い。

チョコレートの袋は職場で食べるおやつ用。

職場近くのコンビニで箱入りを買っていたけど、こっちの方がお得だったので。

ところが食べてみたら、クランチ感が、、、よくよく見たらアルフォートではなく「ルマンド」だった。口に入れるまで気づかないって、、、😅

パッケージが似ていたのと、確かに数日前アルフォートのマロン味がセールになっていたのだ。

最近こういう思い込みミスが多い。ご飯の支度をしていても材料を入れ忘れたり、作った物を出し忘れたりするのは日常茶飯事。

牛肉コロッケを買ったつもりが、かぼちゃのコロッケだった時は、この二種類があるのを知りつつ牛肉コロッケを選んだつもりだったのに。。。。

この日は午後に「骨格矯正」の予定だったので、午前中にライフに買い物に出かけた。

もう朝から足が痛くて、、、でも金曜日の買い物だけでは不足だったし、日曜日はどこへも出かけず部屋で引きこもっていたかったからだ。

「骨格矯正」の施術では改善が無かった。

室内でも壁伝いでないと歩けない状況は同じ(職場でも杖をついている)

先週治療家に言われた通り、つま先をついた時にかかとをほんの1cmくらい上げる気持ちで歩いてみたが、日を追うごとに足が痛くなってしまった。

もう治療家もどうしていいんだかわからないんだと思う。

でも「良くなるでしょうか?」と聞くと「必ず良くなる」って言うんだよね。。。でも本音は違うよね、って勘ぐってしまう。

それとは別に私なりに整形外科でリハビリしてた時の動作をいくつかやってるんだけど、それが正しいのか間違ってるのかわからない。

良かれと思ってやってることが、実際は悪化させてるんじゃないだろうか?とか、もうわからなくなっている。

なぜ膝がこんなに痛いのか、医師が答えられない(診断がつかない)のに自己流でやってることが不安でたまらない。

「股関節症(末期)」の診断が無ければ、他の整形外科にも行こうと思うけど、結局のところは膝の痛みもその影響を受けているというオチで終わりそうな気がして二の足を踏んでしまう。

自分のこととなると客観的には見られず、どうしていいんだかわからない。

以前私の家族があちこちで診察を受けても病名がわからず痛くて苦しんでいた時(結局は肺がん末期だったが)、診断をつけるためにだけ大掛かりな手術をするとなった時、治療でも無いのにさらに痛い思いをさせるのが辛くて癌研で働いている友人にこぼした時「診断がつかなければ治療は出来ない」と言われ、確かになとは思ったけどやっぱり身内のこととなると感情的になる、まして自分のこととなると。

気の小さい私。。。

 

このブログを検索

ブログ アーカイブ

QooQ