雨の日のやさしさは身に染みる

2023/09/09

気持ち 日常

t f B! P L

台風接近の影響か昨日は朝からずっと雨だった。

まあ天気予報でわかってはいたことだけど、足が痛いこともあって雨の日の通勤は憂鬱になる。

こういう日はあえて薄着だ。ズボンにTシャツ一枚、そしてサンダル履き。玄関を出た時少し肌寒かったけど、電車は混雑していてもわっとしてるし、駅構内も寒くはない。

何より傘が上手くさせないので上がズタズタに濡れる。そのためにも上はピラピラの薄着で早く乾いた方が都合が良いのだ。サンダルも脱いで足を拭けば済む。


職場最寄り駅でかなりの確率で一緒に電車を下りるおば様がいる。

改札を出てエレベーターも一緒になるのだが、真っ先に乗り込んで後から乗り込んで来る人のためにドアが閉まらないよう抑えて待っていてくれる。

ボタンだけじゃなく、扉にも手をかけて

おば様はなぜかいつも両手に白い手袋をしているので、あたかもエレベーターガールのようだ。

エレベーターが止まった後も、ドアを手で押さえ私たちを先に下ろしてくれる。

そしてヨタついてる私に「気をつけていってらっしゃいませ」と声をかけてくれる。


昨日も電車に乗り込もうとしたらそのおば様がすでに乗っていた。(おば様は真っ先に下りるのでいつもドア付近にいる)

そして私を見かけた瞬間、電車のドアを手で押さえた。

え~、おば様~、いくら何でもそれは無理でしょ?と心で突っ込みながら感謝した。

まだ発車音が鳴る前で時間に余裕はあったのだが。。。。

足が痛くて杖歩行になり、普通のことが普通に出来なくなって、いろんなことが見えてきた。

いろんな人がいる。良いことばかりではないけど、でもやっぱり人のやさしさは身に染みる、雨の日は特に。

いつも気にかけてくれてありがとう!おば様

このブログを検索

ブログ アーカイブ

QooQ