部屋が魚屋さんのにおいになった

2023/10/07

食生活 日常

t f B! P L

火曜日にまた気の迷いから買った「鯖」

ホットサンドメーカーで油も飛び散らず、簡単に焼けるのはわかったが、皮がパリッとしなかったのが不満で、どうやったらパリッと焼けるかネットで検索したところ、

「コウケンテツ」さんの動画に行きあたり

・塩を振って生臭みをとる

・皮に平行に切れ目を入れる

・小麦粉を振って焼く

というヒントを得た。

「コウケンテツ」さんはフライパンで焼いていて、↑上の3点の注意だけでなく、鯖の骨がある方の身の厚みがある部分を、フライパンの面に当たるよう鯖を立てて焼いていた。

ここまでやらなきゃいけないのか。。。。とは思ったが、試してみたい気が出たので買ってみた、というのもある。

塩を振るというポイント以外は、皮をパリっと焼くためにはフライパン等の面に鯖の身が均等に当たるように、平らにしなきゃいけないんだと気づいた

ズボラーでラクしたい私は、買った日2枚おろしの鯖の骨の無い方に上の3点の処理をし、半分に切ってホットサンドメーカーで焼いた。

(骨が無い、身が薄い方のためか、小麦粉が効いたのか)わりとカリっと焼けた。

そしてその翌日は残りの骨のある方の半身を同じように焼いてみた。

その結果がこちら↓

キャラウェイシードをふりかけた


雑な私らしく、きれいに焼けたとは言い難いが(小麦粉もテキトーにまぶした程度だし)

でも、美味しかったのよ!!


身はふっくらして、皮もわりとパリッとして。

どちらかというと「脂ののった」が苦手で、年齢と共にそれが増して生のサンマやサバのそいういうグチャトロっとした食感がますますダメになっていたんだけど、

この骨のある方の半身は塩をしてキッチンペーパーで包んで一日置いたせいか、余分な水分が抜けてホクホクしてすごく美味しく感じた。また食べたい!と思った。

しかし、、、、、焼いてる間中生臭いにおいが漂った。狭い1Kでキッチンも狭い、そして窓が無い。換気扇を回していてもほとんど効果が無い。


でもそれを除けば、皮はカリっと、身はしっとり焼け美味しかったのだ。

けれど食べた後、キッチンに戻るとまだ生臭いにおいが残っていて、あ、魚屋さんのにおいと同じだと思った。

その臭いがなかなか消えなくて。

なんとかならないかという悩みはあるけど、今はまた食べたい!という気持ちの方が大きい。


このブログを検索

ブログ アーカイブ

QooQ