「骨格矯正」治療家の本音

2023/12/13

健康 日常

t f B! P L

 「骨格矯正」の施術に通って約7ヶ月になる。


去年11月にOクリニックでの5ヶ月間のリハビリを終え、今年1月に再開。

でもまったく改善されず、焦りからあちこちの整体へ行き、「骨格矯正」へ行ったのは4月最後の週だった。

この治療に賭けようと6月以降は毎週通った。

でもやっぱり改善されない。


治療家もだんだん本音を言うようになってきて、私を最初に見た時は「厄介な人が来たと思った」とか

「ふ~みんさんの症状は患者の中でも重症の部類」と言われ、

つい先日は私以上の重症患者はいない「ふ~みんさんの足を治せたら、どんな足でも治せる」と言われてしまった。


治療家もどうしていいんだかわからないんだと思う。

でも一生懸命にやってくれているのはわかるし、そういう本音を言う一方で、「ふ~みんさんがスキップをしている姿を思い浮かべて施術している、がんばろう」と励ましてくれるし、奥様も「絶対良くなるから」といつも声をかけてくれる。


けっして否定的な気持ちを持たず、良くなることだけを考えるのが大事なのは、、、わかる。


だけど、


私が施術の順番待ちをしていると、その前にやってる人はみんな改善して「良くなった!」って喜んでる会話が聞こえてくるし、

先に施術が終わって隣の施術台でイビキをかいて寝ている人も少なくない、、、


なのに何で私だけ、、、と思ってしまう。



このブログを検索

ブログ アーカイブ

QooQ