Oクリニックでリハビリを受けた後悔

2023/12/15

健康 言いたいこと

t f B! P L

 Iクリニックのリハビリに3回通った。


最初担当してくれたFさん(男性)から、2回目はSさん(女性)に代わったのでややがっかりしたのだが、

実際はそんなことはなく、2人ともOクリニックのMさんやKさんより技量がずっと上だと感じた。

エガちゃんのように忖度なく感想を言うと、5段階評価でMさんは「2」、Kさんは「ギリ3」、FさんやSさんは「4強」だ。


もっと本音を言うとMさんやKさんは「守り」の姿勢でよけいな事は言わず無難に批判を受けないように日々こなしてる感じ(医師も同様)、Sさんはこうしてあげたい!という「やる気」を感じる。


たぶんその大きな違いは情報共有と、医師の指示、クリニックの方針がしっかりしてることかもしれない


Oクリニックでは受診すればその内容がリアルタイムで院内のネットに情報が流れ理学療法士さんたちはそれで瞬時に閲覧は出来るようだったけど、

ただそれだけで何をどうするかは個々のやり方におまかせで、患者の施術について医師や仲間に相談するとかそういうのは無かった感じ。


それとIクリニックでは積極的に患者とコミュニケーションをとってくれる。施術してる間も痛くないかとかどうかとか細かく聞いてくれるが、Oクリニックでは話しかけてくれるなみたいな雰囲気の方が強かったな。


昨日のリハビリは私の膝や股関節がボキボキと音が鳴るのが良くないと、それを消そうとSさんがほぐしてくれた。その効果かリハビリを終え帰宅するまで音は消えていた(帰宅したらまた鳴ったけどね)


理学療法士さんの技量は個人によるものだろうけど、「やる気」を感じるというのは職場環境が良いからだとも思う。

何をどうやっても同じなら無難に過ごしていたいじゃん。


リハビリさえがんばればきっと良くなると信じて同じクリニックで続けたけど、最初の5ヶ月で見切りをつけるべきだった。

何かを変えるのはエネルギーが要ることだし、実際そこで受診してみなければわからないし。でもそれをためらった結果がまさにこれなわけで、、、、

やっぱり自分で求めていかなければ得られないとも思う一方で、それは「運」とも言えるかもしれないとも思う。

病気やケガってそういう面はあるよね。


どちらの医師からも手術を勧められたし、KさんもSさんも股関節手術をした方が良いと思ってるのも同じ。


でも私の手術をしたくないという気持ちに沿って、なんとか痛みをとって改善してあげようという対応をしてくれているのはIクリニックで、

リハビリはどこも同じじゃなくクリニックによって違うね。

Oクリニックの全部の理学療法士さんに担当してもらったわけじゃないし、Iクリニックの理学療法士さんも現時点で2人しか知らないし、No1とNo2の人かもしれない。

それでもやっぱり違うと感じる。


このブログを検索

ブログ アーカイブ

QooQ