怪しい瞬間を目撃した

2024/01/26

日常

t f B! P L

朝の通勤電車内、私は3人掛けの優先席の真ん中に座り、その左側(最奥)に男の子がリュックを背負いキャリーバッグ手に立っていた。

小学校2、3年くらいだろうか、これがなかなかのイケメンでメガネをかけコナンのような頭脳明晰な顔立ちで見入ってしまった。

整った目鼻立ち、ハーフ?

わずかに髪の毛が茶色いような気もするが、ナチュラルな日本語を話している。

顔のラインが大人のようにシャープで身長が子供サイズなだけで、すでに出来上がっている感じ、マンガに描けそうなくらい整っている。

身なりもセンスも良く垢ぬけしていて、、、何者?

途中、私の左隣の席が空いたので、コナンを座らせようと後ろ向きになっていた彼の肩をトントンしたら「大丈夫です」という返事が返ってきた。

イケメンなだけじゃなくしっかりしていて、オバサンさらに好印象(笑)

ひと駅過ぎて、コナンが私の前に移動して来た。

そして彼の後ろの隙間から見えた立っているお爺さんがなぜか「どこで降りるの?」とコナンに聞いた。

こんな朝のラッシュ時に、迷ってる、困ってる風でもなく見るからに利発そうなこの子に何でそんなことを聞く?と違和感を感じた。

コナンは「次の〇〇駅で降ります」としっかり答えた。

そして〇〇駅に着き、コナンが降りようと右手ドア方向に移動した直後、そのお爺さんの手が彼の背のリュックに伸びたのが見えた(目の前の出来事)。

コナンのリュックのチャックが閉まってないとか、物が落ちそうになってるとかそんなことは無いのに、変と思った。

(仮にそうだとしてもさっきみたいに声をかけて注意してあげれば良いではないか)

お爺さんの伸ばした手はほんのわずかリュックに届かず、コナンはそのまま降りた。

まあわからないけど私には盗ろうとしているように見えた。。。。

こういう場面って瞬間の出来事なのになぜかスローモーションのように見える。

私は以前スリをしようとしてる現場を見たことがある。


このブログを検索

ブログ アーカイブ

QooQ