母の矛盾した言動

2024/01/29

帰省 食生活 日常

t f B! P L

塩抜きして刻んだ青菜(せいさい)漬け、↓

これは塩漬けしただけの青菜で、刻んだ人参や大根、しその実とか諸々入れて味付けしたのが「おみ漬け」と呼ばれる山形を代表する漬物のひとつになる。

青菜漬けは高菜漬けとも呼ばれる。なぜなら材料が高菜だから。高菜は茎の部分が広く、独特な辛い風味がする(実際は辛くはない)この茎の部分を漬けたのが「青菜漬け」で葉っぱのところを刻んで味付けしたのが「おみ漬け」かな。

青菜漬けの茎の部分はシャキシャキして美味しい、熱々のご飯を焼き海苔みたいに包んで食べるも良し、刻んだ青菜漬けをご飯にのせて鰹節を振りかけて食べるも良し、、、、

年末帰省前母は私には(荷物は持たず)「身ひとつで来るように」と言ったのに、東京に戻る日にはこの高菜漬けやら梅干し、エゴ、昆布巻きとかあれやこれやずっしりと持たされた。

こんなに持たされたら重くなる、足が痛いと言っても「持って行け」の一点張り。矛盾してるよ母ちゃん!

私だってもちろんたくさん持って帰りたいよ!、、、でも足がこうでは小さなキャリーバッグを転がすのが精一杯で出来なかったのだ。

あ~、以前のようにあれもこれもこれも、もっと持って帰れるようになりたい!

先週金曜日の買い物、東京に戻ってからは初めて。

いつもの品々、特に食べたい物はないがとりあえず、、、って感じ。

なぜかライフの卵が12個入りだった。(値段は300円くらい)

買いたい物は無くはなかったが、重さを考えると(味噌とか醤油とか)手が出せなかった。

痛いんだよね~、膝が。

ちょっと良くなったかな~と思うと、いつもこうなるパターンだ。

このブログを検索

ブログ アーカイブ

QooQ