傷つくのが怖くて出来ない

2024/02/05

気持ち 言いたいこと

t f B! P L

去年たった3回見ただけのテレビ番組のひとつが12月放送の「まつもtoなかい」(ビートたけしが見たかったから)だったと以前書いたけど、

初めて見るその番組で松本さんが「自分は(たけしのような)スキャンダルがひとつもない」というようなことを言って、どういう意味(意図)で言ってるのかと引っかかった。

そして番組自体もテンポが良くないというかかみ合わないというか期待したほど面白くなかった。

年が明け松本さんは今のような状況になった。当時そういう情報がすでに出ていたのかどうかはわからないが、何とも皮肉な言動だったなと、、、、

そしてあんな有名な人でも一夜にして足元をすくわれるというか、一変してしまう恐ろしさを感じている。

私はブログのコメント欄は閉じている。

こんな日常を綴っただけのブログを読んでもらってるのは共感してくれるところがあるからなのかもしれないが、コメントをもらってそれに返信するのってすごく難しい。

気の利いたこととは言わないまでもあれこれ考えると書けなくなる。


それに意図してないのはわかるものの返答に困るコメントもあるし、意図して困惑させようとしているのもある。


第三者としてなら冷静に読めても、自分に対してとなると些細なこともすごく傷つく。これはそういう経験をしてみないとわからないことだと思う。

気負わずにコメントにサクサク返信したとしても、自分としてはそんなつもりはなくても嫌な思いをさせてしまう可能性もあると思う。


ならばコメント欄は閉じようと思った。


私は今足が痛くて困っている。


悩みなら隠すより、コメント欄をオープンにしてたくさんの人に相談した方がいろんな情報がもらえると思うのだが、やっぱり怖くて出来ない自分がいる。


このブログを検索

ブログ アーカイブ

QooQ