無理せず体力温存で肺炎にかからないように注意しよう

2020/01/31

健康

t f B! P L

今朝母にメールしたら、雪は降るものの雪かきが必要なほどは積もらないそうで、こんな暖冬は久しぶりだ。

雪かきが不要なのはほんと助かる。これだけでも重労働だし、最低でも2回業者に頼まなきゃいけないからお金もかかるし。

でもその反動で夏は水不足になるんじゃないかと農家の人たちは心配してるらしい。

そうだよね、いつも通りじゃないってことはどこかに歪が生じるわけで、良い面だけじゃない。



新型肺炎恐ろしいね。

感染力が弱いと言われるわりには、中国の観光客を乗せたバスの運転手がその肺炎にかかり、バスガイドさんもかかってしまった。

もう普通に風邪がうつるのと同じじゃん!

新型じゃなくても肺炎は怖い。

高齢者は命を落とす場合があるし、病気があっても肺炎が原因で亡くなることも少なくない。

例えば女優の夏目雅子さん。白血病の治療が功を奏して良くなったのに肺炎にかかって亡くなったと先日TVで見た。
闘病中で免疫、体力が落ちている時に感染してしまったのだろう。


昔、海外青年協力隊に参加した知人から聞いた話だけど、事前の血液検査で行き先を振り分けられるらしいよ(事実かどうかわからないけど)。
ランクがA、B、C・・・、Aっていうのはすごく強い体質だからアフリカとか過酷な環境の国へ行かされる行けるらしいよ。逆にCやDだとヨーロッパとか。

で、その人はBで南米のボリビアに派遣された。私から見ても元気で体力もガッツもある、この人でBか?と思った記憶がある。
もちろんそれだけで派遣地が決まるわけじゃないだろうけど。

タレントのイモトアヤコさんとか、絶対Aだと思うよ。

そういう遺伝というか持って生まれたものは人それぞれ違うし、変えられない。

体質の強い人は過酷な状況にも耐えられるのかもしれないけど、

だとしても、サプリとかスタミナドリンク飲んで無理してがんばるんじゃなくて、ちゃんとご飯を食べて、睡眠もとって、過労にならないように、抵抗力や体力が落ちないように気をつけなきゃいけないと思う。

SARSの治療薬って無いらしいね。

新型肺炎も今がんばってその治療法を開発してるんだろうけど、それが効くのか害が無いのかとか検証するには時間が必要だろうから、そうすぐに出来るとは思えない。

だから無理せず、体力を落とさないことが大事。
おかしい?と思ったら早めに医療機関にかかるしかない。

部屋でティータイム、


黄色いカップと皿で福を招けるか実践中、

黄色は幸運を呼ぶのか?

急須もあるけどお湯を2、3人分入れないと茶葉まで届かないので百均の茶こしにしてみた。

やっぱり茶葉のほうがお茶は美味しいね。

まったりしていると眠気が、、、眠くなったら寝ようっと。。。部屋がジャングルでも死にはしなからさ(苦笑)

☆訪問ありがとうございます。 応援クリック頂けるとうれしいです☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

このブログを検索

ブログ アーカイブ

QooQ